TEAMS

  • 運営会社
  • サイトマップ
  • 職場診断ツール
  • MOSIMO

0120-568-764
TEAMS事務局 受付時間 9:00~17:00

  • 資料請求
  • お見積り
  • お問い合わせ

課題からソリューションを探す

ストレスチェック義務化資料、
EAPサービス資料、導入事例詳細版の
無料PDFダウンロードが可能です

無料 PDFダウンロード申込み 30秒で入力できる簡単フォームです
フォーム送信後、ダウンロード用URLをメールでお送りいたします


医師面接申出がない高ストレス者への対応に困る

0~2次予防

高ストレス者であることがわかっていても、医師による面接指導に申出しない従業員のフォローに困っていませんか。TEAMSを導入すると、包括的な施策で積極的なフォローを進めることができます。

TEAMSの対策

  • 高ストレス者への医師による面接指導推奨支援
  • セルフケア窓口の利用促進
  • 現場での管理職による不調の気づき促進研修
  • ストレスチェック集団分析による高ストレス者フォロー

自社に合うストレスチェック後の施策を選びたい

0~2次予防

ストレスチェックの集団分析では、部署別、等級別など任意の切り口で様々な傾向を知ることができます。TEAMSでは、対策の事前事後での集団分析を経年で比較しつつ、貴社に合う事後対策を選んでいただくことができます。

TEAMSの対策

  • ストレスチェック集団分析によるコンサルティング
  • ストレスチェック集団分析結果の経営層への報告支援
  • 事後対策効果検証としてのストレスチェック集団分析支援
  • ストレスチェック集団分析結果に合わせた研修提供
  • 人事担当者向けストレスチェック制度理解セミナー
  • ストレスチェック集団分析経年分析
  • 管理職向け集団分析結果読取セミナー
  • 集団分析結果による職場環境改善ワークショップ開催
  • ストレス反応悪化部署への訪問カウンセリング

社内のメンタルヘルス体制が整っていない

0~3次予防

長時間労働対策、労働基準監督署の臨検対策、職場復帰支援制度の立案、コンプライアンス対策など・・・、企業にかかる負担は年々増加しています。TEAMSは忙しい人事ご担当者を全面的にサポートします。

TEAMSの対策

TEAMSが提供する体制構築支援
  • ストレスチェック制度設計支援
  • 産業保健スタッフによる過重労働対策支援
  • 労働基準監督署への臨検対策支援
  • 職場復帰支援制度の制度設計支援
  • ハラスメント規定整備支援
  • 就業規則の改定支援

TEAMSのEAPコンサルタントが、貴社へ全社的対策立案を支援し、最適なソリューションをご提供します。

社員の健康管理対策を強化したい

0~2次予防

EAPとは、社員のこころとカラダをサポートするプログラム。社員が生産的に働くためには、カラダが元気でなければどんなスキルを持っていても役に立ちません。メンタルヘルスのみならず、カラダの健康管理対策を実施できるのはTEAMSだけです。

TEAMSの対策

  • 健診受診率の向上対策支援
  • 健康診断後のフォローアップ対策
  • ストレスチェックと生活習慣を同時に検査し、フォローアップを実施 など

メンタル不調者の未然予防・早期発見ができない

1~2次予防

メンタルヘルス不調を予防・早期発見するためには、組織の状況を把握した上で、以下の2つのアプローチが必要です。

  • セルフケア:不調にならないための実践的なスキルの習得
  • ラインケア:部下の不調をいち早く察知し、正しい対処を行う管理職の育成

特に管理職の育成は、厚生労働省が推奨する対策のひとつでもあります。
この2つのアプローチを実施することにより、不調者の未然予防・早期発見を促進できます。

TEAMSの対策

  • ストレスマネジメント検査『Co-Labo』で個人への気づきの促進・組織分析を実施
  • 個人の結果を用いた、セルフケア研修の実施
  • 部署別の結果を用いた、ラインケア研修の実施

休職を繰り返す社員が多い。
また休職者が多く、管理が煩雑に…

3次予防

休・復職を繰り返してしまう社員には、本人に原因がある場合もありますが、
管理職や受け入れ部署との齟齬が原因で、休・復職を繰り返してしまう場合も多く見受けられます。スムースな復職には、管理職・受け入れ部署が復職者を理解し、対応方法を知っていることが大切だと考えます。

TEAMSの対策

休職者本人に合わせた現場復帰プランを作成。人事ご担当者、管理職、受け入れ部署、産業保健スタッフと連携しながら本人に合わせた現場復帰支援プログラムを実施します。また休職者が多く、管理が難しい場合はご相談ください。TEAMSの休・復職管理システムがお手伝いいたします。

若手社員のメンタル不調が増えてきている

0次予防

近年、若年層のストレス耐性が低下しているといわれていますが、それはストレスへの対処能力(コーピング力)が弱くなっていると言い換えることができます。

TEAMSの対策

ストレス検査でストレス対処能力(コーピング力)を測るとともに、結果を見ながら

  • 若年層:ストレス対処能力(コーピング力)を育てる研修
  • 管理職:若年層とのコミュニケーションを円滑にする研修

という2つのアプローチで、対策を行います。

従業員満足度調査をもとに
社員のモチベーションを上げる施策を実施したい

0次予防

仕事への「満足度」が高いにもかかわらず、離職してしまう社員やパフォーマンスがあがらない社員も増えている中、多くの企業が「従業員満足度」を測ることでは解決できない問題を抱えています。この問題を解決するために最先端のポジティブ・サイコロジー研究が生み出した新指標、それが「幸福度」。
次世代ESサーベイ『happin.es』は、従来の「満足度」に加え「幸福度」を図ることで新しい人材活用を提案します。

TEAMSの対策

ストレスの原因や結果といった“マイナス”の側面だけではなく、職場や環境への満足度、幸福度やポジティブ特性、ポジティブ認知といった“プラス”の側面から現状分析を行うことで、多面的な角度から、適切かつ効果的な職場環境改善をご提案します。

海外赴任者のケアができていない

1~2次予防

海外赴任者は高ストレス状態にあります。ある調査によると、海外赴任中にストレスを感じた人は62.2%。その原因の8割超が「海外赴任中に、知識や能力に不足感がある」と感じることによるものという結果でした。また近年はアジア地域に赴任する例も多く、現地での感染症などから身を守るため、健康管理の知識が必要になってきています。

海外赴任者ケアのポイントは3つ。

  1. 事前の知識啓発
  2. いつでも相談できる環境づくり
  3. 一時帰国時のケア

TEAMSの対策

海外赴任前、海外赴任中、一時帰国時、それぞれのフェーズで対策を実施することで海外赴任者とそのご家族のサポートをご提供します。

女性支援や介護支援などの人事施策を実施したい

1~2次予防

日本の労働生産人口が8,000万人台を割り込んだそうです。さらに2040年には2010年に比べ働き手が23%減少するともいわれています。少子高齢化の現在、労働生産人口の減少を食い止めるため、仕事と育児・介護の両立は、企業にとっても喫緊の課題です。

TEAMSの対策

従業員にとって、いつでも相談できる窓口と正しい知識の習得はありがたいものです。TEAMSでは、いつでも利用できる相談窓口と育児・介護にまつわる情報コンテンツをご用意しています。

「ストレスチェック義務化」についてのお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。

  • 効果的・効率的な採用活動を実施したい
  • 成果を上げる・辞めない社員を採用したい
  • メンタルヘルスに関する課題があるにも関わらず、経営層の関心が低い
  • ハラスメント体制を整備したい
  • 社内イントラに、従業員の意識啓発になるようなWEBコンテンツを持ちたい
  • 現在導入しているサービスを見直したい
  • 合併やリストラなどの環境変化による不調者を出さないようにしたい
  • ストレス検査後のフォローアップを強化したい
  • 従業員のこころとカラダの健康増進に向けた知識やスキルを強化したい
  • 社内事故・災害によるこころの傷をサポートしたい

このようなお悩みも、貴社に合わせた方法で「TEAMS」が解決します!
まずはお問合せください!

お問い合わせ

トップへ戻る