TEAMS

  • 運営会社
  • サイトマップ
  • 職場診断ツール
  • MOSIMO

0120-568-764
TEAMS事務局 受付時間 9:00~17:00

  • 資料請求
  • お見積り
  • お問い合わせ

本日よりストレスチェック制度施行!実施期限は2016年11月末日まで

2015.12.01 ストレスチェック義務化

本日(2015年12月1日)ストレスチェック制度が施行されました。常時使用する労働者が50名以上いる事業場は、2016年11月末までに医師・保健師等による心理的な負担の程度を把握するための検査を実施することが義務となります。検査実施後に高ストレス者から申出があった場合、医師による面接指導が必須になります。また、最終的に実施状況を、労働基準監督署へ報告することになります。

皆様の事業場では、実施に向けた準備はお済みでしょうか?

ここでは、今後の実施にお役立ていただけるよう、あらためて実施の概要についてご紹介致します。準備にあたってお困りのことがございましたらお気軽にお問合せください。

<ストレスチェックの目的>

 目的は以下の3点に集約されます。

 1)労働者のメンタルヘルス不調の未然防止(一次予防)

 2)労働者自身のストレスへの気付きを促す

 3)ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる

 このように、不調者を未然に防ぐ取組みであり、うつ病患者のスクリーングなど、すでに病気である方を見つけることが目的ではありません。そのため、具体的に検査の項目なども省令・指針で示されています。また、個人結果による気づきの促進だけでなく、組織の集団的な結果について傾向分析をすることが努力義務となっています。

<ストレスチェックの対象>

 健康診断と同じく常時雇用する従業員が対象です。

<ストレスチェックの運用上の留意点>

1)個人情報の取り扱いについて

ストレスチェックの回答結果はセンシティブな情報であるため、情報共有の範囲や方法について、厚労省より独自のルールが示されています。例えば、健康診断とは違い、検査結果は、検査を実施した医師・保健師等から直接本人に通知され、本人の同意なく事業者に提供することは禁止されています。

2)不利益取扱いの禁止

受検しないことや受検結果によって、従業員に対して不利益な取り扱いをすることは禁止されています。特に初年度は、管理職に対して不利益取扱について十分周知することが重要です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弊社でもストレスチェックに完全対応した「ストレスチェック義務化対応パック」のサービスを提供しています。また、本日より、従来から人材開発にご好評をいただいているストレスチェック『Co-Labo』も制度対応したシステムにリニューアルしております。

制度対応にあたり、ぜひ貴社の円滑な運用サポート、より従業員の健康をサポートできる仕組み作りにお役てください。

※TEAMSストレスチェック義務化対応パックの詳細はこちら http://www.teams-eap.com/service/eap-stresscheck.shtml

「ストレスチェック義務化対応ガイド」無料進呈中!
ストレスチェック義務化についての説明はこちら

『TEAMS』の資料請求・お見積もり・お問い合わせなど、お気軽にご連絡ください

0120-568-764
TEAMS事務局 受付時間 9:00~17:00

  • 資料請求
  • お見積り
  • お問い合わせ

30秒で入力できる簡単フォームです 24時間受付

ストレスチェック義務化資料、各種EAPサービス資料、導入事例詳細版の無料PDFダウンロードが可能です

無料 PDFダウンロード申込み 30秒で入力できる簡単フォームです
フォーム送信後、ダウンロード用URLをメールでお送りいたします

トップへ戻る